2017年7月24日月曜日

ミルトン・エリクソン論文全集を読む 205日目


                                                                                                                            
 
  エリクソンはどうしてアーネスト・ロッシを相方に選んだのだろう?

  ふとそういう疑問が湧く。

   <ひとりごと>




はじめに

 備忘録として、



 お正月から、ミルトン・エリクソンの論文全集『The Collected Papers Milton H. Erickson』[1] を読んでいる。読み方のルールはここで書いた。

 205日目について書いておきたい。 
 
催眠の現実

 「Hypnotic Realities The Induction of Clinical Hypnosis and Forms of Indirect Suggestion(1976)」著者はミルトン・エリクソンとアーネスト・ロッシ+シーラ・ロッシ。

    ミルトン・エリクソン論文全集の第四巻を読んでいる。そこに含まれていて、今回からの範囲に収録されているのは、「Hypnotic Realities : 催眠の現実」だ。個人的には英語で何度か読んでいる。また、書店でぱらぱらとしか確認していないが邦訳が出ている。

 そのため、ここの部分の読み方についてはルール変更して興味深いと思ったメモだけ記載しておくことにしたい。

 今日の範囲は、アンドレ・ウィゼンホファーのフォワード。スタンフォードのアーネスト・ヒルガードとともにスタンフォード催眠感受性尺度を規定した人物だ。

・・・・・・・・・・・
 

 
随考

 ―― スタイルの変遷を読む ――

 エリクソンの論文全集を1920年代の初期のものから1970年代の後期のものまで通しで読むと非常に面白い。ある意味、大河ドラマと言ってもよいだろう。ここで、エリクソンのスタイルの変遷も読みどころとなるだろう。

 初期の論文はエリクソン自身が書いていて、編集者が入ってない分ダイレクトに伝わってくるが構成が少しごちゃごちゃしている感じがある。また、使っているのは標準的なアプローチだ。1950年くらいになると、リン・クーパーとの「Time Distortion in Hypnosis(1954)」を出す。このあたりで少しスタイルが変わってきているように思える。

 また、「The Practical Application of Medical and Dental Hypnosis (1961)」は共著者に引っ張られたのかもしれないがまた印象が違う。

 そして、1970年代になるとほぼ晩年でいわゆるエリクソン的なアプローチになっている。アーネスト・ロッシと出した三部作や「二月の男」あたりになると、編集者がいて編集してくれているのでかなり読みやすくなっているように思われる。

 そう考えると、ピカソのように◯◯の時代という感じで分類するとどうなるのだろうという疑問も湧いてくる。

 また、別の考えも浮かんでくる。今の知識で仮に高校1年生くらいだったら、どの学部を受験するのだろうか?という思考実験だ。今だったらおそらく、認知科学でやはり人工知能系の学部に言っているだろうなぁと思っている。実際に、人工知能系の案件は過去にほとんど支援のレベルだけれど3件ほどやったことはある。それで、やはり人の認知をコンピュータにのせたらどうなるのか?というところは非常に興味がある。例えば、コーチングのコーチを人工知能で実装したらどうなるのだろうなという具合だ。

 もちろん、エリクソンの心理療法の技法を心理療法に載せると、アブダクションのロジックで動く人工知能ということになるのだろうが、どうも論文を幾つか読んでみると、アブダクションやメタファーを理解する人工知能を研究が進んでいるのは少し空恐ろしさを感じているところではある。

 エリクソンと同じレベルの人工知能はかなり難しいのかもしれないが、なんちゃって催眠術師レベルの人工知能だったらすぐできそうだと思う今日この頃だ(笑)。

7月24日の進捗、1616ページまで(全体 2,648ページ、進捗率 61.0%)


Volume IV
INOVATIVE HYPNOTHRAPY


Hypnotic Realities The Induction of Clinical Hypnosis and Forms of Indirect Suggestion by Milton H. Erickson, Ernest L. Rossi & Sheila I. Rossi With a Foreword by Andre M. Weitzenhoffer



お知らせ:

ミルトン・エリクソンの本質を突き詰めたから分かったことがあります。

 組織のパラドクスを解消し、組織の認識、行動の変化を支援する、
「変化・創発ファシリテーション」のオンデマンド、オンサイト講座を開始いたします。

詳細は、こちらから。


(つづく)

文献
[1]http://ori-japan.blogspot.jp/2017/01/collected-papers.html


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

https://www.facebook.com/Okirakusoken-236949276723679


――

0 件のコメント:

コメントを投稿