2017年7月31日月曜日

ミルトン・エリクソン論文全集を読む 212日目


                                                                                                                            
 
  ダブル・バインドは、

  常識の枠組みを超えた選択をしないと解消されないなぁ。

   <ひとりごと>




はじめに

 備忘録として、



 お正月から、ミルトン・エリクソンの論文全集『The Collected Papers Milton H. Erickson』[1] を読んでいる。読み方のルールはここで書いた。

 212日目について書いておきたい。 
 
催眠の現実

 「Hypnotic Realities The Induction of Clinical Hypnosis and Forms of Indirect Suggestion(1976)」著者はミルトン・エリクソンとアーネスト・ロッシ+シーラ・ロッシ。

    ミルトン・エリクソン論文全集の第四巻を読んでいる。そこに含まれていて、今回からの範囲に収録されているのは、「Hypnotic Realities : 催眠の現実」だ。個人的には英語で何度か読んでいる。また、書店でぱらぱらとしか確認していないが邦訳が出ている。

 そのため、ここの部分の読み方についてはルール変更して興味深いと思ったメモだけ記載しておくことにしたい。

・・・・・・・・・・・
 今日は以下の内容。治療的ダブル・バインド

THERAPEUTIC BINDS AND DOUBLE BINDS 
I. The Bind and Double Bind Question 
2. The Time Bind and Double Bind 
3. The Conscious-Unconscious Double Bind 
4. The Double-Dissociation Double Bind 
5. A General Hypothesis About Evoking Hypnotic Phenomena 
6. The Reverse Set Double Bind
7. The Non Sequitur Double Bind 

 
随考

 ―― エリクソンの禅問答――
   
    個人的に最初にダブル・バインドについての知識を得たのはベイトソンの「精神の生態学」を読んだ時のことだ。この中に「Toward the theory of schizophrenia」の邦訳が掲載されていた。ベイトソンは、統合失調症の原因仮説としてこのダブル・バインドを理論化した。ただ、現在は必ずしもこれだけが原因ではないという意味では随分怪しくなっている。
 
 それで、このもとになっているのは、ミルトン・エリクソンの治療的ダブル・バインドということになる。エリクソンがクライアントの心理療法に使っていた技法としてのダブル・バインドだ。

   この2種類のダブル・バインド、つまりベイトソンの統合失調症的ダブル・バインドとエリクソンの治療的ダブル・バインドについてここで書いた。療法に共通するのは、常識の枠組みを超えて何かしないと、ダブル・バインドが解消されないことだ。ベイトソンの統合失調症的ダブル・バインドは、AをとってもBをとっても罰せられる、ただし、そこから逃げることはできない。エリクソンのダブル・バインドは、AをとってもBをとってもよい結果になる、ただし常識の枠組みを超えないとどちらもとれないとなる。ベイトソンやヘイリーらは、ここに禅との共通点を見たところがある。

 それで、今日書かれているのエリクソンが用いた具体的な言語パターンとしての治療的ダブル・バインドということになる。最初にこれを読んだ時はまったく理解できなかったが、今はこれを使う理由が分かってきた自分が居る。

 もちろん、この発想と技法は日常や仕事の場面でも使うことができる。つまり、二項対立にハマっている人間関係や一般的な問題解決など、今の枠組みを超えた新しい枠組みに基づく解決策を考えたり、実行したりする場合に有効になる。
   

7月31日の進捗、1672ページまで(全体 2,648ページ、進捗率 63.1%)


Volume IV
INOVATIVE HYPNOTHRAPY


Hypnotic Realities The Induction of Clinical Hypnosis and Forms of Indirect Suggestion by Milton H. Erickson, Ernest L. Rossi & Sheila I. Rossi With a Foreword by Andre M. Weitzenhoffer



お知らせ:

ミルトン・エリクソンの本質を突き詰めたから分かったことがあります。

 組織のパラドクスを解消し、組織の認識、行動の変化を支援する、
「変化・創発ファシリテーション」のオンデマンド、オンサイト講座を開始いたします。

詳細は、こちらから。


(つづく)

文献
[1]http://ori-japan.blogspot.jp/2017/01/collected-papers.html


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

https://www.facebook.com/Okirakusoken-236949276723679


――

0 件のコメント:

コメントを投稿